トリア体験1|ひげ脱毛初日

 

ケノンを髭に約3ヶ月間使ってみましたが、目に見える変化が少なかったので、ケノンより強力っぽいトリアを買ってみました。

 

 

ちなみに現在のひげはこんな感じ。

 

トリア使用前

 

ケノンもなんとなく効果はあるような気がしてたんですが、やっぱりフラッシュ脱毛なので、私のような濃い毛の場合は効果が出るのが遅いみたいなんですよね。

 

フラッシュ脱毛はエステサロンで使用されているような本格的な脱毛ではありますが、レーザー脱毛は皮膚科などのクリニックで使われているような、さらに本格的な脱毛方法なので、おそらくこちらの方が効果が表れるのは早いんじゃないかと思います。

 

そこまで毛が濃くなければフラッシュ脱毛でも良さそうですけどね。

 

ケノンは本体がでかく、周辺機器的な物もたくさんついていましたが、トリアの付属品はこれだけ。

 

 

  • トリア本体
  • アダプタ
  • クイックスタートガイド
  • 取扱説明書

 

トリアはカートリッジなどが不要なので、コンセントにさして電源を入れるだけで使えます。

 

また、フラッシュ脱毛の場合は目に当てると危険なのでサングラスが必要ですが、トリアのレーザーは目に当てても危険はないようなので、サングラスが不要とのこと。

 

だからと言って目に向けて照射するのはどうかと思いますけどね(´・ω・)

 

ただ、ヒゲなどの濃い部分に使用する場合、保冷剤は必要なので、これは自分で用意する必要があります。

 

ということで、保冷剤を準備してさっそく照射!

 

 

と思ってコンセントを差し込んでみたところ、画面が動かない・・・|д゚)

 

どうやら充電してから使用しなきゃいけないみたいです。

 

まぁ当たり前なんですけどね。

 

髭剃りの前とかに充電しておいた方が良いみたいです。

 

ある程度充電されたら、プラグ的な物を抜いたら使えるようになります。

 

 

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛より痛みが強いとの噂なので、とりあえずレベル1で照射してみました。

 

鼻下、口周り、アゴ下、頬など一通り照射してみたんですが、レベル1だとあんまり痛みはなかったです。

 

ケノンで言うとレベル6~7程度の痛みくらい。

 

ケノンのレベル6~7は表面が若干ピリッとするようなしないようなくらいの痛みですが、トリアの場合は奥の方でピリッとする感じなので、毛根に直接届いてそうな感じ。

 

とりあえず使ってみたところ、今の濃さでもレベル2~3くらいは普通に耐えれそうです。
(※トリアのレベルは5段階)

 

ケノンももう少し使ってみたかったんですが、せっかく買ったので、しばらくトリアも使ってみて効果を比較してみようと思います。

 

とりあえずはどのレベルまで耐えられるのか、またレベルを1ずつ上げて挑戦してみます。

TOPへ